SAGGINGたるみについて

たるみの原因・治療方法

たるみによって生じる悩みの代表には「ほうれい線などの深いしわ」「涙袋のクマ」「フェイスラインのゆるみ」があります。
実は、たるむ原因は皮膚の表面が加齢で緩むだけではなく、それを支えている深層の組織が変化することも関係しています。
衰えやボリュームを失う理由そして肌のどこに変化がおきているのかが分かると、効率的にたるみを解消できるように。
たるみの原因となる層にアプローチできる治療を探してみましょう。
たるみをつくらないために食事やスキンケアの注意点についても詳しく解説しています。

こんなお悩みはありませんか?

  • 肌のたるみのせいで毛穴が目立つようになってきた
  • 口の周りがしぼんでみえる
  • 疲れている?と聞かれたり、老けて見られるようになった
  • 目の下のクマが気になる
  • フェイスラインがぼやけて太って見える
  • 首のたるみが気になる
  • 化粧ノリが悪い

たるみの原因・メカニズム

肌には紫外線や大気中の汚染物質など目に見えないダメージが日々積み重ねられています。若いうちにはダメージを受けても回復できていましたが、加齢に伴い回復力が低下。肌のコラーゲンやエラスチン、脂肪細胞が減ってしまうと全体的に肌のハリがなくなっていきます。また、肌を下から持ちあげている筋肉も徐々にゆるんでいき、たるみがほうれい線やマリオネットライン、二重あごとなって現れます。

原因①
皮膚の弾力成分の減少

肌の内側にあるコラーゲンなどの肌のハリや弾力の素となる成分が破壊されると肌のハリが失われていきます。また、年々肌細胞を新しく作るスピードも遅くなってしまうことから肌がゆるんできます。

原因②
皮下脂肪の増減

食事や生活習慣によって、顔の皮下脂肪が増えると筋肉が支えきれなくなってたるみが生じます、反対に今までしっかりと皮下脂肪がついていた部位から脂肪が急速になくなってしまってもたるみが起こってしまいます。

原因③
筋肉の衰え

食事や生活習慣によって、顔の皮下脂肪が増えると筋肉が支えきれなくなってたるみが生じます、反対に今までしっかりと皮下脂肪がついていた部位から脂肪が急速になくなってしまうってもたるみが起こってしまいます。

たるみのできやすい部位

目の下のたるみ(涙袋の下など)
頬(ゴルゴ線や毛穴の開きなど)
口元(ほうれい線やマリオネットラインなど)
フェイスライン(二重あごなど)

たるみを予防し、
悪化させないためには?

食事やサプリメントにはこらコラーゲンが配合されて肌に良いとうたっているものがありますが、実際にはそのほとんどは体内に吸収されることなく排出されてしまっています。化粧水などでも、分子が大きいコラーゲンは肌に浸透されません。それよりは、もっと実用的なセルフケアをご紹介します。

予防方法①:表情筋を鍛える

筋肉は使っていくことで鍛えられますが、使わなくなるとどんどん衰えていきます。表情筋も同じです。最近よく聞くのが「お顔のエクササイズ」。表情筋を意図的に動かして、筋肉をトレーニングする習慣をつけるといいでしょう。

予防方法②:顔の血行を良くする

血行を良くすると体の中の老廃物が排出されて、肌の細胞にもしっかりと栄養と酸素が運ばれます。蒸しタオルでお顔を温めたり、適度な運動はもちろん、普段から湯舟につかって汗をかくのも効果的です。クーラーなどの空調で部屋を冷やしすぎないのもポイント。

予防方法③:紫外線ケアや保湿ケア

肌にダメージを与えるものはたくさんありますが、自分で対策できるのが紫外線と乾燥です。セルフケアの基本となるUVケアと保湿ケアは毎日欠かさず行いましょう。外用剤はこまめに塗っておくことで効果を一定に保つことができます。

たるみに有効な治療方法

たるみの治療法の一覧・比較

右にスクロールすると各項目を比較できます。

効果的な部位 持続時間 痛み ダウンタイム 施術時間
ハイフ(Q-Plus) 目元(涙袋)、口元(ほうれい線、ゴルゴ線、マリオネットライン)、あごや首 半年から1年 軽い熱感やチクチクとした刺激感があるかもしれません。 基本的にダウンタイムはほとんどありません。内出血や赤みがでることがありますが、1~2週間で焼失していきます。針の傷も2~3日で焼失します。 15分から30分
糸リフト 口元(ほうれい線、ゴルゴ線、マリオネットライン)、目尻など 糸によって異なります。 内出血が起こる場合がありますが、日を追うごとに解消していきます。チクチクとした刺激感が数日残ることもあります。 治療直後は刺激でほてりや赤みがでることがありますが、数時間で落ち着きます。希望があれば、麻酔クリームや局所麻酔を使って施術できます。 30分から40分
ショッピングリフト 頬など 糸によって異なります。 治療直後は赤みやほてりが気になりますが、数時間で落ち着きます。内出血ができる場合がありますが、1~2週間で消えていきます。 軽い腫れが2~3日続くことがあります。糸が安定するのに2週間程度かかります。 30分から40分
アイリフト 口元(ほうれい線、ゴルゴ線、マリオネットライン)、目尻など 糸によって異なります。 治療直後は刺激でほてりや赤みがでることがありますが、数時間で落ち着きます。希望があれば、麻酔クリームや局所麻酔を使って施術できます。 軽い腫れが2~3日続くことがあります。2週間ほどはマッサージなどは控えましょう。 30分から40分
ヒアルロン酸注入 目元(涙袋)、口元(ほうれい線、ゴルゴ線、マリオネットライン)、額など 6か月から1年 腫れや痛みはほとんどありませんが、ご希望があれば麻酔クリームを使用できます。 軽い腫れが2~3日続くことがあります。2週間ほどはマッサージなどは控えましょう。 10分程度
脂肪溶解注射(BNLS Ultimate) 頬、フェイスライン、顎下 1度分解した脂肪は基本的にリバウンドしません。 痛みを感じることはほとんどありませんが、ご希望により麻酔クリームを使って施術できます。 軽い腫れが2~3日続くことがあります。2週間ほどはマッサージなどは控えましょう。 10分程度
フォトフェイシャル(M22) 目元、口元、お顔全体 3~4週間 ゴムではじく程度の痛みを感じることがあります。 基本的にダウンタイムはほとんどありません。 30分から40分
ポテンツァ(ニードルRF) 目尻、口元、顔全体 2~3か月 事前に表面麻酔をして施術するので、痛みを感じることはほとんどありません。 当日は擦り傷のような痛みを感じることがあります。2日程度赤みが出て、腫れたような感じが数日続くこともあります。 20分から30分
ダーマペン 目尻、口元、顔全体 3~4週間 事前に麻酔クリームを使用するため、痛みは感じにくくしております。 腫れたような感じが数日あり、1週間程度赤みが続くことがありますがメイクで隠せる程度です。 30分程度

※効果や痛みの感じ方、持続期間には個人差があります。

たるみの注意点

たるみがでてしまうとセルフケアではうまく解消できなくなってしまいます。もしたるみが気になったら、以下のポイントを普段の生活で心がけておきましょう。

注意点①
強くこすらない

肌を強くこすると、肌の表面が傷ついて乾燥しやすくなってしまいます。乾燥が進むとコラーゲンが減少。また、肌をこする刺激そのものが内側のコラーゲンやエラスチンなどの弾力成分にもダメージを与えてしまうことがあります。

注意点②
紫外線、乾燥対策はしっかりと

紫外線にさらされている時間が多いと、肌の老化スピードも進みます。乾燥も肌には大きな負担となって、肌のハリがどんどん失われていくので要注意。天気や季節にかかわらず、毎日欠かさずUV対策と保湿ケアを行いましょう。

注意点③
過度なマッサージはNG

お顔に脂肪が多い人は年齢を重ねてくると脂肪の重みに負けて皮膚が下がってたるみやすくなります。リフトアップのために念入りにマッサージをする方が多く見受けられますが、残念ながらそれでは逆効果。また、急激なダイエットもたるみを助長してしまうので注意が必要です。

たるみのよくある質問

たるみ治療で1番効果があるのはどれですか?
これが1番効くというものではなく、ご自身のたるみの原因に合わせて治療を行うのがベストです。カウンセリングで肌診断を行い、肌にピッタリの治療をご提案させていただきます。
リフトアップはしたいけど、一気に顔が変わるのは抵抗があります。
リフトアップに関しては、どの程度引き上げるか事前に確認していただきます。少しづつ変化をつけたいというご要望にも対応できるので、お気軽にお申しつけください。
いろんな治療を組み合わせてもいいでしょうか?
いくつかの治療を並行して行うことはよくあることですが、治療によっては同時に受けられないものもございます。ご要望を伺いながら、ご満足いただけるように治療の組み合わせについてもご助言いたします。
顔のたるみはセルフケアで治せますか?
たるみの主な原因はコラーゲンの減少なので肌のコラーゲンを増やすことが大切です。食事やサプリメントでコラーゲンを摂取しても効果にはつながりにくいので、セルフケアよりもマシンでの施術が効果的です。

CAMPAIGNおすすめ施術

©銀座たるみクリニック ALL RIGHT RESERVED.