WRINKLESしわについて

しわの原因・治療方法

笑ったり怒ったりしたときに出てくるしわがいつの間にか消えなくなってるということはありませんか?
年々少しずつ増えて、深くなっていくしわは肌が衰えているサイン。
しわができる5つの原因から「表情じわ」「たるみじわ」「ちりめんじわ」を見分けて、適した治療を選ぶことで効果的にしわを薄くできます。
しわ治療についての詳しい説明だけでなく、治療を受けているときに日常生活で注意する点や、しわを悪化させない予防方法なども合わせて解説していきます。

こんなお悩みはありませんか?

  • 笑ったりときの目尻のしわが気になる
  • おでこや眉間にしわがついて消えない
  • 細かいちりめんじわをなんとかしたい
  • 肌全体にハリがなく、メイクをするとしわが目立つ
  • しわのせいで老けて見える

しわの原因・メカニズム

原因①
紫外線

紫外線はお肌を老化させる最大の敵です。とくに肌の奥深くまで届く紫外線A波によって、肌の弾力の素になるコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。また、これらをつくる線維芽細胞も紫外線によって生産能力が落ちて、しわやたるみができるようになります。

原因②
加齢、ホルモンの減少

年齢を重ねると肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンが変性していきます。それと同時に新しい細胞を作り出す力が弱くなり、ます。女性は30代頃から女性ホルモンが少しづつ減少していくため、皮膚の弾力が失われていきます。たるんだ皮膚が重なると真皮までの深いしわとなります。

原因③
乾燥

空気中の水分が少ないと、肌表面の水分が蒸発して乾燥してしわになってしまうのです。表情つくる目元や口元は皮膚が薄く、皮脂の分泌が少ない傾向にあります。乾燥が進んで表面がはがれた皮膚は、皮膚の内側の水分をも奪ってしまいしわが悪化します。

原因④
脂肪の減少

脂肪は皮膚の奥にあり、皮膚の弾力を維持するのにひと役かっています。一気に体重を落とすようなダイエットすると、肌を支えている脂肪が急激に失われてしまい、風船がしぽんだようにしわが現れるようになります。

原因⑤
同じ表情

表情をつくるたびに同じ部分に皮膚が折り込まれると、その場所のコラーゲンとエラスチンがダメージを受け続けていくうちに修復不可能な状態になります。若いころは細胞も元気で常に新しいものが生み出されるため元通りになりますが、年齢によって生産性が落ちて元に戻りにくくなっていくのです。

しわのできやすい部位

表情じわ:表情筋が動いてしわができるところにつくられます。(眉間や額、頬、目尻、口元)
たるみじわ:年齢による肌のたるみが生じるところにしわができます。(涙袋の下、口元、あご)
ちりめんじわ:肌の表面が乾燥しているところや皮膚が薄いところにできやすいです。(目や口の周り)

しわを予防し、
悪化させないためには?

しわを予防するには、しわができる原因を生活で取り除くことです。また、悪化させないためにも年齢に応じたスキンケアが重要になります。

予防方法①:紫外線対策

紫外線が肌に与える影響を少なくするためにも、日焼け止めクリームなどは徹底することです。サングラスや帽子、UVカット素材の衣服を身につけるなどの工夫も大切。雨の日や外出しない日でもい日焼け止めを塗るようにしてください。

予防方法②:保湿

肌の乾燥を防げばシワができにくくなって、しわが深くなるのも防げます。化粧水だけではなく、ミルクや保湿クリームも併用して肌の潤いを逃さないこと。肌表面がうるおうと、ターンオーバーも整ってきめのある肌にもなります。

予防方法③:表情筋を鍛える

たるみが起こるとしわができるので、顔の筋肉がたるまないように日頃から表情筋をしっかりと鍛えておきましょう。年齢を重ねると表情が乏しくなって筋肉を動かさなくあるので、お顔のトレーニングを毎日の習慣にしておくといいでしょう。

しわに有効な治療方法

しわの治療法の一覧・比較

右にスクロールすると各項目を比較できます。

効果的な部位 持続時間 痛み ダウンタイム 施術時間
ボトックス注射 額、眉間、目尻、口元など 約4か月前後(個人差あり) 内出血や赤みがでることがありますが、1~2週間で焼失していきます。 基本的にダウンタイムはほとんどありません。内出血や赤みがでることがありますが、1~2週間で焼失していきます。針の傷も2~3日で消失します。 10分程度
ヒアルロン酸注入 目元(涙袋)、口元(ほうれい線、ゴルゴ線、マリオネットライン)、額など 6か月から1年 腫れや痛みはほとんどありませんが、ご希望があれば麻酔クリームを使用できます。 基本的にダウンタイムはほとんどありません。針の傷も2~3日で消失します。まれに内出血が起こります。 10分程度
ハイフ(Q-Plus) 目元(涙袋)、口元(ほうれい線、ゴルゴ線、マリオネットライン)、顔全体 半年から1年 軽い熱感やチクチクとした刺激感があるかもしれません。 個人差はありますが、腫れなども起こりにくくダウンタイムは少ないです。一時的に頭皮がしびれたように感じることがあります。 15分から30分
糸リフト 口元(ほうれい線、ゴルゴ線、マリオネットライン)、目尻など 糸によって異なります。 治療直後は刺激でほてりや赤みがでることがありますが、数時間で落ち着きます。希望があれば、麻酔クリームや局所麻酔を使って施術できます。 軽い腫れが2~3日続くことがあります。糸が安定するのに2週間程度かかります。 30分から40分
ポテンツァ(ニードルRF) 目尻、口元 2~3か月 事前に表面麻酔をして施術するので、痛みを感じることはほとんどありません。 当日は擦り傷のような痛みを感じることがあります。2日程度赤みが出て、腫れたような感じが数日続くこともあります。 20分から30分
ダーマペン 目尻、口元 3~4週間 事前に麻酔クリームを使用するため、痛みは感じにくくしております。 腫れたような感じが数日あり、1週間程度赤みが続くことがありますがメイクで隠せる程度です。 30分程度
フォトフェイシャル(M22) 目元、口元、お顔全体 3~4週間 ゴムではじく程度の痛みを感じることがあります。 基本的にダウンタイムはほとんどありません。 30分から40分
イエローピール お顔全体 3~4週間 なし 治療後は1週間程度、皮むけやヒリヒリ感、赤み、乾燥が生じる場合があります。 ご自宅でケアしていただきます。

※効果や痛みの感じ方、持続期間には個人差があります。

しわの注意点

しわを気にするあまり、これをやってしまうと増々しわが深くなっていく注意したいことをお伝えします。

注意点①
自己流マッサージ

しわを伸ばそうとマッサージをする方がおられますが、過度な摩擦はしわを増幅させてシミをつくってしまいます。

注意点②
頻回なピーリング

年齢的なスキンケアにピーリングは必要ですが、頻回にしてしまうと皮がむけすぎて逆に肌が乾燥してしまいます。

注意点③
市販のしわ取りグッズの使用

世の中には「しわが取れる」とうたっている製品がありますが、美容医療ほど効果があり信頼できる方法はありません。高額なものほど注意してください。

しわのよくある質問

しわによって治療方法が違うのですか?
はい。しわの種類によって効果的な治療は異なります。カウンセリングではしわの種類はもちろん、肌質を見極めて適切な治療をご提案させていただいております。
自分のしわの種類が分からないのですが、どうすればいいでしょうか?
しわといっても種類はさまざま。また、複数のタイプのしわが混在することも多く、ひとつひとつを判別するのは難しいでしょう。カウンセリングではしわの種類を細かく診断できます。お気軽にご相談ください。
しわ治療をすると不自然な表情になりませんか?
ご安心ください。注入法やスレッドによる治療は数日間ひきつれ感や表情が作りにくくなることがありますが、徐々になじんで気にならなくなります。

CAMPAIGNおすすめ施術

©銀座たるみクリニック ALL RIGHT RESERVED.